生活を維持するためには

悩む男性

その仕組みと選び方を知っておこう

世の中には、うつ病の予備軍の人も合わせるとうつ病と判断されている人は100万人以上いるとされています。このような状態は、今まで歴史をみてもなく、現代人がいかに精神的に病んでいるかがわかります。少なくとも、他人事ではなく自分自身もうつ病になってしまう可能性も少なくないでしょう。もし、うつ病になってしまっているか、あるいはうつ病と疑わしい場合には早めの診察が必要になります。例えば、本格的にうつ病になってしまうと会社に行くときに発熱や腹痛あるいは頭痛などが発生するようになり、長期的に仕事を休まざるをえない可能性も高いです。無理して会社に行ってしまうと悪化するため、家で治療をしているのが一番です。この点、強い味方になるのがうつ病保険になるでしょう。うつ病保険は、うつ病になってから加入しても難しいことが多いですので、病気になる前に加入しておくことが一番です。この点に関し、保険に加入するときすでにうつ病になっている場合は確かに審査は通りにくいですが、うつ病であることを隠して保険に加入すると後で問題が発生する可能性があります。契約を解除されるだけでなく、今まで支払ってきた保険料金も戻ってくることはありません。そのため、保険に加入する場合には本当のことを伝えることが重要になります。中には、うつ病専用の保険を設けている会社などもあるため、そのようなところに申請してみると加入できる可能性があります。ただ、毎月の保険料はほかの人に比べると高くなる傾向があるでしょう。ある程度将来のことを考えれば保険に加入しておく必要がありますが、金銭的な余裕がある人ならば加入するべきです。

うつ病保険といっても、民間の保険の場合審査が厳しくなるため、そもそも加入自体が厳しいことが考えられます。うつ病保険の加入が難しければ、それ以外の方法を考えるのがよいでしょう。これに匹敵する公的保証としては、傷病手当金があります。傷病手当金をもらうことができるのは、会社や公務員などで健康保険に加入している人です。傷病手当金の特徴の一つは、三日以上連続で会社を休むことが必要になります。三日連続で休むといっても、会社で指定された日は除かなければいけません。例えば、土曜日と日曜日は休みの会社があるとします。自分もその日は休みになると決まっている場合、金曜から休み始めた場合次の週の火曜日まで続けて休んでいることが必要です。このような条件がありますので、その点を満たすようにすることが必要になります。もし、条件を満たしている場合には、会社に直接傷病手当金をもらうように申請しなければいけません。傷病手当金をもらう場合には、書類として重要になるのは医者から手渡される診断書です。そのため、自分で勝手にうつ病だと判断して会社に傷病手当金をもらおうと申請してもまず通ることはないでしょう。初診の段階で、病院に行った時診断書を書いてもらうようにするのが一番です。後から診断書を書いてもらうこともできますが、必ずうつ病と判断した病院に書いてもらわなければいけません。もし病院が変わってしまった場合には、最初に通っていた病院に行き診断書を書いてもらう必要があります。このように決まった手順があるため、慎重に行わなければなりません。